社名
特定非営利活動法人 日本補助犬情報センター
事業概要
当会は、補助犬について社会への理解を深めようと啓発活動をしています。補助犬とは、盲導犬・介助犬・聴導犬の3種類の犬たちの総称です。2002年に、公共施設や飲食店などの不特定多数の方が利用する施設に補助犬を同伴して利用できる法律(身体障害者補助犬法)が施行されましたが、いまだ社会への理解が不足しています。利用者・補助犬が安心して生活できるように…という願いを持って事務局2人で取り組んでいます。日本補助犬情報センターは歴史が長く、前述した補助犬法成立から改正にもかかわってきた団体です。活動内容に興味があれば、ぜひ、第三者の目線から啓発活動に関するアドバイスをいただければと思います
企業HP
http://www.jsdrc.jp/
所在地
【東京本社】〒223-0057
神奈川県横浜市港北区新羽町1688-1ユームニューウィング203
【最寄り駅】「新羽駅」徒歩1分
ボランティア
内容
・業務:当団体のプロモーション支援 ※ブログや関連記事の作成など 

・活動に必要な時間:週5時間程度~10時間程度(※要相談)
・働き方、勤務場所:業務は基本的に在宅です。オフィスにお子さまを連れてきて打ち合わせしていただくことも可能です
・そのほか:業務内容については幅広くご相談可能です。まずは補助犬の啓発活動にご興味をお持ちの方がいらっしゃいましたらぜひご応募ください
ママボラン事務局からのおすすめポイント
現在、日本では約1,000人の方が補助犬とともに暮らし、生活になくてはならない存在となっています。同会は長年にわたり、普及にあたっての法整備や認知向上のために活動してきました。「2020東京オリパラ」を控え、海外からの旅行者の増加に伴い、海外の補助犬の利用者対策も喫緊の課題になっています。現在、事務局はお2人で、活動のプロモーションが足りていない状況です。補助犬やその利用者が安全かつ快適に生活を送れるよう、ぜひお力をお貸しください!
ママボランに登録する